清水ひろみオフィシャルサイト ジャズオントップオフィシャルサイト
プロフィール ライブスケジュール CDアルバム ニューヨークツアー ひろみの部屋 ヴォーカルワークショップ

プロフィール Biography In English

清水ひろみ
Shimizu Hiromi
Vocal

影響を受けた
アーティスト
Billie Holiday
Chris Connor
Ann Burton
好きな言葉
ピンチはチャンス!
出身地
福岡生まれの京都育ち
現在は大阪在住


経歴

武庫川女子大学英文学部卒業。(英米文学科英語音声学専攻)
アナウンス・司会業の傍ら、ジャズシンガーとしての研鑚を積む。
2000年12月大阪梅田にライブ・ハウス≪JAZZ・ON TOP≫をオープン。
ハウスシンガーとして歌う他、全国のジャズフェスティバルやコンサートホールおよびジャズクラブにも多数出演する。

 2004年と2005年、2年連続ニューヨーク≪ブルーノート≫公演では、地元のファンを沸かせ、ジャズの本場ニューヨークでも確固たる実績を積む。
2010年7月、欧州名門ジャズフェスティバル、≪ウンブリア・ジャズ(伊)≫、≪アンティーブ・ジュアン・レ・パン国際ジャズフェスティバル(仏)≫に出演し好評を博す。
また11月、ドン・フリードマン・トリオとニューヨーク≪ディジーズクラブ≫に出演。

 これまでにCDを7枚リリース。
2004年『スマイル』(多田恵美子トリオ)、
2005年『ラウンド・ミッドナイト』(多田恵美子カルテット)、
2006年『ヒロミ・アズ・イズ・N.Y.』(抒情派ピアニスト、ケニー・バロン・トリオ)
2008年『ワルツ・テンダリー』(ピアノの詩人ドン・フリードマンとのデュオ)
2010年『ライブ・アット・ジャズ・オン・トップ』(ドン・フリードマン トリオ)
2011年『ラブレターズ・フロム・ニューヨーク』(ケニーバロン・里見紀子)
2014年『チアーズ・フォー・ティアーズ』(スプラッシュ・ディーバ)

中でも「ケニー・バロン」や、「ドン・フリードマン」との共演作は、ヴォーカル傑作盤として
日本をはじめ、世界各国のジャズ専門誌から高い評価を受けている。
今、国内外で最も注目されている国際派ジャズシンガーである。

2016年12月現在